CoinChannel | 暗号化通貨ビットコインのニュースや情報、分析

coinchannelは、暗号化通貨(クリプト・カレンシー)に関する世界のニュースや情報、分析を提供します。

 

カテゴリ: テクノロジー

big_boss_the_metal_gear-wide世界のどこかに武装した警備員が配置され、さらに生体認証によって保護された大きな保管室がある。これはビットコインのための設備だ。ビットコインの保管会社Xapoはシリコンバレーやウォールストリートの投資家から約20億円(2000万ドル)を集めた。

続きを読む

1-72ea27bd94大手投資銀行ゴールドマンサックスがビットコイン(Bitcoin)に関するレポートを発行した。各方面の専門家のインタビューを掲載している。これまでのところゴールドマンサックスはビットコインに対して中立だ。顧客に対してビットコインへの投資を積極的に推奨しているわけではない。

続きを読む

funny-pictures-oh-hai-bugビットコインには、2011年頃からビットコインのコア開発者などの間では知られていた設計上の脆弱性がある。

Transaction Malleability(トランザクション展性)という欠陥で、取引所がDoS攻撃を受ける原因にもなったバグとして今回問題になっている。

続きを読む

crash当初、Mt.Goxが指摘していたバグの存在を認めず、同取引所の技術的不具合がトラブルの原因として否定的な立場を取っていたビットコイン財団が、現在取引所と協力して問題の解決にあたっていることを明らかにした。

続きを読む

Tigerfightビットコインのコアとなった開発チームのメンバーであるJeff GarzikとGavin Andresenは、Mt.Goxの主張を非難した。

Mt.Goxは、ビットコインのソフトウェア内部にバグの存在を指摘、ビットコインの開発チームらと連携してこの問題の軽減に当たっていることを自社の英語版ウェブサイトで発表していた。

続きを読む

Wall日本に拠点を置くビットコイン取引所Mt.Goxが数日前、自社の英語版ウェブサイトでビットコインのソフトウェア内部にバグの存在を指摘

同時にMt.Goxは、この新たに発見した問題は自社に限ったものではなく、第三社にビットコインを送信するすべてのトランザクションに影響を及ぼす問題だと発表していた。

そしてついに米時間2月11日、現在ビットコイン取引量最大の欧州系取引所Bitstampまでも引き出しの停止を発表した


続きを読む

BugMt.Goxは、口座認証や引き出しなどのサービス遅延に関して、2月3日“お客様対応遅延のお詫びと対策のご案内‏”と題したメールを顧客宛に送信した。

2月7日には、システムエラー対応に伴う引き出し機能の停止について、日本語サイトでは“システムメンテナンスに伴う一時的なビットコインお引き出し停止のお知らせ”、そして英語サイトの両ウェブサイトでコメントを発表した。

その後、日本語サイトではニュースの発表がない一方で、英語サイトではビットコインの引き出し遅延に関して新たに声明が発表されていた。

続きを読む