Untitledビットコインのライバル、ビザカード(Visa Inc)のCharles Scharf最高経営責任者(CEO)は30日、決算説明のコンファレンスコールでビットコインに関するアナリストの質問に答えた。

決済時の利便性からビットコインは、ビザカード、アメリカン・エキスプレス、ウエスタン・ユニオンなどのライバルとなりうることがこれまで指摘されてきた。

投資家、企業家、業者から注目を集めるビットコインについてアナリストから意見を聞かれ、Charles Scharf CEOは、“私達は確かにビットコインに注意を払っている。”と述べた。

ビットコイン決済を使用すると業者はクレジットカード会社に支払う手数料を払わずに済むため、業者にとってビットコイン決済は魅力的だ。

Charles Scharf CEOは、“ビットコインが何であるか、今後どうなっていくか、まだ初期の段階だ。ビットコインや同様の仮想通貨について、興味深い点は確かにあるが、かなり複雑な点も多い。”とコメントし、さらに“私達のビジネスについて十分安心している。” と付け加え、余裕の構えを見せた。


Nasdaq