CoinChannel | 暗号化通貨ビットコインのニュースや情報、分析

coinchannelは、暗号化通貨(クリプト・カレンシー)に関する世界のニュースや情報、分析を提供します。

 

Tigerfightビットコインのコアとなった開発チームのメンバーであるJeff GarzikとGavin Andresenは、Mt.Goxの主張を非難した。

Mt.Goxは、ビットコインのソフトウェア内部にバグの存在を指摘、ビットコインの開発チームらと連携してこの問題の軽減に当たっていることを自社の英語版ウェブサイトで発表していた。

続きを読む

Wall日本に拠点を置くビットコイン取引所Mt.Goxが数日前、自社の英語版ウェブサイトでビットコインのソフトウェア内部にバグの存在を指摘

同時にMt.Goxは、この新たに発見した問題は自社に限ったものではなく、第三社にビットコインを送信するすべてのトランザクションに影響を及ぼす問題だと発表していた。

そしてついに米時間2月11日、現在ビットコイン取引量最大の欧州系取引所Bitstampまでも引き出しの停止を発表した


続きを読む

BugMt.Goxは、口座認証や引き出しなどのサービス遅延に関して、2月3日“お客様対応遅延のお詫びと対策のご案内‏”と題したメールを顧客宛に送信した。

2月7日には、システムエラー対応に伴う引き出し機能の停止について、日本語サイトでは“システムメンテナンスに伴う一時的なビットコインお引き出し停止のお知らせ”、そして英語サイトの両ウェブサイトでコメントを発表した。

その後、日本語サイトではニュースの発表がない一方で、英語サイトではビットコインの引き出し遅延に関して新たに声明が発表されていた。

続きを読む

Anastasia Luppova-Sexyロシア検察当局は、仮想通貨とそれを用いた匿名の決済システムをテーマに会合を行ったことを2月6日の夕方に当局のウェブサイト(ロシア語)で発表。会合には、ロシア連邦中央銀行の副総裁、連邦保安庁(FSB)や内務省の高官、そして検察総長が出席したという。

続きを読む

banned-stamp-clipartインドネシアでは総人口約2億4千万人に対し、銀行サービスへのアクセスを持つ人口はたった40%程度。多くの人々は現在Western Unionのような送金サービス会社に約30%もの手数料を払って少額の送金を行っている。 そのため、インドネシアはビットコインに対する潜在的巨大マーケットとして期待されていた。

続きを読む